美容&ダイエット

お腹のむくみを解消してポッコリお腹をぺったんこ

お腹のむくみと脂肪は違う

足や顔がむくむというのは聞いたことがあると思いますがお腹がむくんだってことはあんまり効かないですよね。でも実はお腹(小腸・大腸)もむくむことをご存知でしょうか。このお腹のむくみは主に食生活や生活習慣が原因になっています。

お腹がむくむと突っ張ったり、便秘になったり腰痛になったりします。便秘になると体内の毒素が増え結果的に太る原因になってしまします。そうなってしまっては負の連鎖。太って腰が痛くなって便秘になって。そうなる前にお腹のむくみをケアして健康的な身体を手にしましょう。

お腹のむくみの原因はコレかも

水分を取りましょう

水分は適度な量を、こまめに少しずつ飲むようにするのが良いでしょう。特に朝のコップ一杯の水は腸を起こし働きを活発にしてくれます。また塩分、アルコールの取りすぎもむくみの原因となるので取り過ぎには注意しましょう。

冷えているもの飲みすぎていませんか

夏場は特にそうですが冷たい飲み物をガブガブ飲みたくなるもの。そこはグッとこらえて飲みすぎないようにしましょう。また冬場はホットドリンクやカイロを使用して身体を暖かく保つようにしましょう。

猫背になっていませんか

天井から糸で吊られたイメージを持って過ごしましょう。またハイヒールをはくと姿勢が良くなります。お腹がむくむと、お腹が張り便秘になったり、腰痛なる人もいます。

食事に気を使っていますか?

食べ物を過剰に摂りすぎ、バランスの悪い食事は胃にも負担がかかります。食物繊維のタッっぷり入った食品を取りましょう。

リンパマッサージでむくみ解消

リンパ管にも浅層のリンパと深層のリンパがあることを知っていますか?浅層リンパは静脈血流を改善しリンパ液を流すので排出できる老廃物はごく少量なのです。これに対しディープリンパケアは浅層リンパの10倍以上もの老廃物を排出できます。

深層リンパの流れをよくするには

ストレッチをして筋肉内にある深層のリンパ管を刺激します。次に詰まったリンパ節を刺激し、最後に押し流します。特にお風呂上がりなど血行が良くなっている時に行うことでより効果が期待できます。

お腹のむくみをとるマッサージ

①仰向けになって肋骨の下部分を親指でやや強く押し下部に流れるように押し流します。

これを5回左右繰り返します。一回3秒程度かけてゆっくり行いましょう。

②直立し両手を腰に当て揉み解すように硬い筋肉を刺激します。10秒を3セット行いましょう。

③最後は両手をお腹中心に当て指のひらでサイドに流すように5回マッサージしましょう。

これを毎日お風呂上がりに行えばお腹のむくみも取れて、ポッコリお腹が引っ込むかもしれません。