すべて

一週間でも効果が出る顔痩せマッサージ

顔痩せすると異性にモテる

頬の肉がなかなか落ちない。顔が太っているせいで身体全体が太く見える。

顔にお肉がついてることによって人に与える印象は大きく変わります。
わずか数ミリ程度痩せただけでもその効果は明らかです。

顔が与える印象

人の印象は出会って7秒でが決まると言われています。
人は顔じゃなくて性格が重要だ!という主張はもちろん尊重すべき意見ではありますが、やはり7秒ではそのすべてを知ることはできません。

7割が人の印象を顔で決める

人が相手の印象をとらえるとき7割の人が顔で判断しています。

2割の人がスタイルと服装、1割の人がアクセサリーや髪型その他で判断しています。

顔の印象を変えることで、人に与える印象が大きく変わり、恋愛においても、仕事において好調な成績をおさめることにつながるのです。顔痩せは思っている以上に重要なことなのです。

顔の中でも口と目は特に印象を与える

顔は様々な感情を発信するツールであり、表情によっては簡単に「安心感」や「不快感」を与えることも可能です。

またその中でも目と口は最も注目されるべき部位であり、その二つさえ見ていれば相手の感情がわかるとも言われています。

今回はその中でも特に口、顎周りの印象をに変えるトレーニングをご紹介します。一週間継続できれば目に見えて顔痩せが実感できることでしょう。

顔痩せをするにあたって大きく二つ

器具を使う方法と使わない方法があります。

もちろん器具を使って行う顔痩せトレーニングは、刺激したい部位をピンポイントに効率よく刺激することができるため一週間とも言わず効果が期待できます。

しかしながら顔痩せグッズは安価なものでもなく、使い方によってはあまり効果が期待できないものもあります。

もちろん個人差があるのできぐを使うことでグッと顔を引き締めることが出来る方もいればそうでない方もいるでしょう。

お金をかけずとも一週間で顔痩せを達成することはできます。最も大事なことは継続することです。

 

道具なしトレーニング

舌を突き出すトレーニング

舌を突き出すトレーニングはコツも要らず気軽に出来るためお勧めです。

方法
  1. 舌を頬の内側を舐めるように左右に突き出します。左側の方に思いっきり突き出し3秒、さらに同様に右側の方に3秒。
  2. 次に上を向きそのまま真上に舌を3秒突き出して、もどしてを5セット行います。
  3. それらを5セット。1日朝晩の2回行いましょう。

何回か行うと普段使わない部分の筋肉が刺激されるため顎のあたりに違和感を感じるでしょう。

しっかりトレーニングが効いている証拠です。
またとくに朝のトレーニングは1日の表情が大きく変わるためおすすめです。

道具を行ったトレーニング方法

PAO

最もオススメなのが誰もが知るクリスティアーノ・ロナウドがcmをやっていたpaoです。
口に加えて、上下に振るだけです。がこれが案外初めは難しい

試してみたところ噛み合わせが良くないのか初めのうちはうまく扱うことができず、器具と唇がすれて、口内炎ができてしまいました。

また左右に付いている重りで重さを調整できるところも評価したいところです。

気になる効果は?

毎日3セットやっていたためか1ヶ月後には鏡で確認できるほどに変わりました。

私以外にも口コミを見てみると4割程度の方々が効果を実感できているようですが、やはり個人差や継続して行わなければいけないためか効果を感じられない人も多いようです。

コロコロ

コロコロのいいところはなんといっても簡単で、YouTubeを見ながら、お風呂に入りながら顔痩せトレーニングができるところです。一週間でも1ヶ月でも楽々継続できます。

コロコロは顔の筋肉を鍛える効果ではなく、リンパの流れを改善する効果が期待できます。そのためむくみやすい人にオススメです。

また顔だけでなく、足や腕など、その他の部分にも使えるため、一家に一つあっても良いのではないでしょうか。

小顔マスク

小顔マスクは一時的に締め付けリフトアップ効果が期待できるというものです。

しかしながらこれは骨格を変えるものでもなく筋肉を鍛えるものでもありません

締め付けるだけであってマッサージ効果も薄いものと考えられるため、おまりお勧めはできません。

装着するだけという楽さには勝るものがありませんが。

しかしながら楽さゆえに適当に顔に装着することは禁物です。

一週間で顔痩せを達成したいからと無理やりつける方もいますが絶対にやめてください

顔が不本意に圧迫されるだけでなく、無理に締め付けによる歯並びの悪化を引き起こす可能性があります。

歯を外側から押さえつけることになり、歯並びが悪化する恐れがあるのでその点に着いては十分に気をつけるようにしましょう。