すべて

癖毛が治るシャンプーがAmazonにしか売ってないキューティクルエッセンス

癖毛が治るキューティクルエッセンスとは

これ最初に忠告ですがAmazonでしか売ってません!

いくらアイロンをかけても夜になればもとに戻ってしまう、言うことの効かない癖毛にはもううんざり。

夏になればパスタのようにうねってしまい、もうそれは自分の髪の毛ではないよ言わんばかりの自由気ままな髪の毛。

そんな髪の毛へのパーマはお金もダメージも大きな負担。またパーマが効きすぎてカーテンとも呼ばれる前髪になった果てには外へも出たくない。

そんな癖毛にお悩みの方に朗報。市販のキューティクルエッセンスで癖毛が解消されるかも?!

発売当初から口コミの高いキューティクルエッセンス

良いクチコミ
良いクチコミ
シャンプー後に使ったら、髪にツヤが!
良いクチコミ
良いクチコミ
ドライヤーの後の指通りが全然違う!こんなにサラサラになるなんて驚き!!

と信じられないくらい高い評価を得ている、花王のエッセンシャルキューティクルエッセンス

実際にところどれほどの効果があるのでしょうか。

ピンクとオレンジは正直効果なし

実際に3色使ってみたところ個人的にはピンクとオレンジに関しては効果なし!使用しなくてもいいかな。という印象を受けました。

しかしながら緑は別!!

お風呂上がりのブローの時に信じられないほど髪の毛がさらさらに。

さらにさらに継続して使用すると、気になっていた癖毛も真っ直ぐになりました。

くせ毛はダメージによって発生

くせ毛はダメージによって発生します。つまりヘアケアを正しく行うことで癖毛を改善できるのです。

癖毛は、髪が損傷を受け、髪の毛内部の構造に偏りが出来てしまうことにより発生します。

このダメージをキューティクルで修復してあげることで癖毛を改善することができるのです。

キューティクルとは

健康な髪傷んだ髪の大きな違いはキューティクルの状態です。

髪の表面をキューティクルがコーティングしてくれることで、内部のタンパク質の層がカバーされています。

しかしながらドライヤーやアイロンの熱シャンプーの摩擦によりこのキューティクルが剥がされ、結果的に内部のタンパク質も傷つけることになってしまいます。

そのためキューティクルの表面が凸凹になり癖毛が発生するのです。

キューティクルエッセンス3種類の違い

オススメは緑一択

圧倒的に3色の中で推したいのがこの緑

実際に3色全てを使ってみましたが、正直な感想緑以外は購入しようと思いませんでした!

まるでバナナマンの日村のように髪の毛が信じられないくらいサラッさらになります。

一応3種類あるので紹介しておきます。

キューティクルエッセンス(緑)

キャッチコピー人もあるようにとにかく髪がサラサラになります。

癖毛の方からは癖毛が治ったとの評判もあり、癖毛が強制できることもあるようです。

癖毛、髪の毛をサラッとさせたい方はキューティクルエッセンスの緑を選びましょう。


キューティクルエッセンス(ピンク)

キャッチコピーの通りふわッとまとまる髪の毛を手に入れたい方にオススメ。

ボブの方はボリュームを出しながらもベタつかないふんわり感を出すことができます。


キューティクルエッセンス(オレンジ)

髪の毛の乾燥が気になる方向けです。

緑のキューティクルエッセンスとは反対にサラサラな髪の毛ではなく、しっとりまとまった髪を手に入れたい方に。長い髪の毛が乾燥でバサついてしまう方向けです。


 

キューティクルエッセンスの使い方

シャンプーとリンスーの間に使用するだけなので、手間暇のかからないお手軽アイテムです。

シャンプーをした後、洗い流し、ある程度水気を飛ばしたらキューティクルエッセンスの出番です。適量を髪に使用したら、洗い流さずにそのままリンスーを使用します。

同メーカーのシャンプーとリンスー購入するべきか?

シャンプーやリンスーは同じメーカーのものを組み合わせることでより効果が期待できます。

実際にシャンプーとリンスーは同じメーカーのもの組み合わせることで効果が出るよう、相性の良い成分が配合され作られています。

しかしながらこのキューティクルエッセンスシリーズは単体で使用しても十分にが効果が期待できますので、私はシャンプーとリンスーは別のメーカーのものを使用しています。

購入方法

残念なことに近くのスーパーやドラッグストアを回ってみても、緑だけは置いてありません公式サイトでも見当たらず…

一年くらい前までは置いてあったのですが、人気のためか。(オレンジとピンクは置いておいてあります)

そのため緑はネットショッピングで購入するしかありません。

緑だけちょっとお高めのAmazonでは1175円です。楽天は1888円とさらにお高めです。