美容&ダイエット

りんごダイエットの効果を倍増する方法

りんごダイエットの効果倍増の秘訣とは

りんごダイエットの方法

りんごダイエットとは毎食の食事をりんごをに置き換える、置き換えダイエットの一つです。気になる効果はというと実際にで一週間で4キロ減量できたと、個人差はありますが試してみる価値があるダイエット方法です。

りんごダイエットは2種類存在

一つ目が3日間毎食りんごだけを食べ続けるというもの。

もう一つが一日一食をりんごに変えるというもの。前者はプチ断食のようなもので、後者は反日断食に似たようなものです。

リンゴダイエットが痩せられる理由とは

摂取カロリーを抑えられる

人間の朝、昼、晩の毎食の摂取カロリーの目安は800kcalです。

りんご1個あたりのカロリーは約130kcalと低く毎食をリンゴ一つに置き換えることができれば摂取カロリーを6分の1程度に抑えることができます。またりんごはカロリーが少ないわりに食べ応えがあり置き換えダイエットに適しています。

抗酸化作用!美白効果バツグン

りんごには抗酸化作用があります。抗酸化作用とは肌をきれいにする作用のことです。ダイエットをしながら美肌も手に入れられて、さらに肌も綺麗になり一石二鳥なのです。またダイエット時によく起こる肌トラブルはビタミンCで防止することできます。ビタミンCが豊富なリンゴは肌トラブルから守ってくれるのです。

食物繊維たっぷりで便秘予防

食物繊維は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす作用があります。腸内からリフレッシュすることで便秘を解消することができます。またリンゴの皮にはポリフェノールが多いので、剥かずに食べるのがおすすめです。調理の手間も省けますし苦手でなければ一緒に食べるといいですね。

また、りんごのポリフェノールには脂肪を分解する働きがある酵素“リパーゼ”を活発化させる働きがあります。腸内環境を整えるだけでなく内臓脂肪を減少させることも期待できます。

こんなにメリットの多いリンゴダイエットですがやはり弱点がつきものです。

 

りんごダイエットのデメリット

腹痛になる可能性がある

リンゴには豊富に含まれていて食物繊維はダイエットには欠かせないものです。しかしながら食物繊維のとりすぎると腸内の酵素が活発に働きすぎ、その結果お腹を壊すことに繋がります。

継続不可能

毎日りんごだけで、継続していくのは不可能ですよね。一週間でごぞっとやせれたとしても継続的に行うには厳しい条件であります。やはりダイエットは継続して行うまたは周期的に行えることが重要になってきます。

偏った栄養になる

もちろん単一のものを食べ続けているのですから栄養バランスはよくありません。結果的に日常の疲労や寝不足からストレスがたまり、ダイエットが続けられなくなる可能性があります。また偏った栄養により集中力と体力の低下し、トレーニングのパフォーマンスを下げることになります。効率よく痩せるためにもトレーニングと組み合わせたい場合には向いていません。

ではこのデメリットを補うにはどうしたら良いのでしょうか。

りんご+酵素のハイブリッドダイエットでデメリットを補う

メリット①継続的なダイエットに

酵素ドリンクによるバランスのとれた栄養で、継続的なダイエットが可能になります。また酵素ダイエットは毎食全てをリンゴに置き換える必要もなくなります。単一のものに比べて味のバリエーションがあるため継続しやすいのはダイエットに必須事項ですね。

メリット②食べ応えに加えて腹持ちも

りんごの食べ応えに加え酵素ドリンクを組み合わせることで腹持ちを良くします。満腹状態を維持することで間食を控えることができ結果的に余分なカロリー摂取を控えることができます。

メリット③バランスの取れた栄養

バランスの良い栄養により高パフォーマンスなトレーニングが実現できます。特に食事制限に加えてトレーニングを一緒に行いたい方には必須事項でしょう。栄養不足で身体が疲労してしまっては、やる気のあったトレーニングにも身が入りません。

ダイエットには必ずメリットとデメリットがつきものです。自分に合っている継続的なダイエットを考案しましょう。

ファスティングダイエットに効くと話題のゆうこうせん酵素ドリンクが怪しいから調査してみたファスティングダイエットには酵素ドリンクが必須? このいかにも健康的で美味しそうなポスターが今話題のファスティングダイエットに向いてい...